■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■千姫本について少々

4/13発売のIXA攻略本ネタ。フライングでゲットした人も居て何日か前から取引に出てたり
wikiも既に合成テーブル埋まっているけども、一応SSなんて撮ってみた
No.3079 千姫 の合成テーブル他。候補は(A.鉄砲隊円陣 B.車懸り C.疾風迅雷 S1.火竜の術 S2.騎馬隊円陣)


シリアルコード入力
シリアルコード入力
しかし、絵師ミヤジマハルの姫は実に安定していますね(`・ω・´)キリッ

千姫同カード合成
千姫同カード合成
(A.鉄砲隊円陣 B.車懸り C.疾風迅雷 S2.騎馬隊円陣)
S2はせめてもう少し何か他のは無かったんですかね…

鉄砲隊円陣持ちに当ててS1確認
鉄砲隊円陣持ちに当ててS1確認
A.鉄砲隊円陣 B.車懸り C.疾風迅雷 S1.火竜の術)
S1火竜の術も狙う価値ゼロで本当に車懸り専用素材の模様




■素材ではなく部隊に配置して使う場合にも、実はけっこう高性能
千姫
コスト2.0の指揮兵数1970で武士・赤備え共にAB、コスト比1009のスキル一致

・槍防
→2.0のスキル一致槍防ではおまつ・淀・上朝倉義景に続いて4位。スキル性能込みなら淀に次ぐかも
 2.0の槍防てあまり居ないので、充分使えるカードかと

・馬防
→2.0のスキル一致馬防では淀・おまつに続いて3位
 軍師候補の瀬名姫ほか、義姫・綾御前なんかもスキル不一致ながら合成で円陣が付いたら馬防候補の2.0で
 槍防よりか2.0の対抗馬が多いけれども。
 「そもそも馬防なんて使わネーヨ」との意見もあり。個人的には馬防けっこう好きなんだが

・槍馬兼用
→現実的なところで真田丸・鉄壁まで
 ただ弓馬・槍弓の兼用と比べると、いや弓馬はまだしも槍弓は作るのが難しいですけど、
 ともかくこれらが対赤備え@槍馬防→対騎鉄@弓防とスイッチできるのに対して、
 槍馬兼用型だとここら辺の融通が利かないのでかなり微妙

ということで使うなら円陣槍衾で槍防専用にしちゃうのが一番でしょうか
千樹挟撃陣の数字が下り藤や日置流と同水準で、槍衾よりかワンランク上のスキル
挟撃という名前からして、詳細が出るまでは攻撃スキルじゃねーのかとの推測もあったけど、防御でヨカッタ





戦国IXA 武将育成虎の巻

千姫シリアルコード以外の内容は、まあだいたい戦国IXA wikiと同じ
追加したいスキルの逆引き表はそれなりに便利かも
掲載されている武将データは2012年3月時点まで。4月追加のY2号さんとかは載っていない

また騎馬隊円陣などのまだ初期スキル持ちのカードが実装していないスキルのテーブルABC、
それ自体はガラシャ本にも載っていたけど気になったのは独眼竜
ガラシャ本:独眼竜テーブル
(A.槍隊進撃 B.槍隊進撃 C.鬼謀 国砕 S1.独眼竜 S2.捨て奸)だったのが
千姫本:独眼竜テーブル
(A.砲撃 羅刹 B.騎突 金剛 C.鬼謀 国砕 S1.独眼竜 S2.捨て奸)になっている
ガラシャ本のテーブルは明らかに変だったので千姫本の記述が正しいんでしょう。独眼竜咆哮と同じテーブルだし
まあ初期スキル独眼竜持ちが実装されるまで関係無いのは同じなんですが

四期情報も最後の最後にちょろっと触れているのみ。金山は4種類あって兵の訓練に必要な資源も減るとかなんとか
『大殿がパワーアップ!』の件には全く触れず
4日後の4/17に刷新なのにホント何も情報出てこないな(´・ω・`)

あとは部隊スキルと新秘境の計算式も書かれていた(旧秘境はガラシャ本で既に記載あり。新秘境も基本同じだが…)
これらは自分の持ってる資料と照合してみる

スポンサーサイト

■コメント:

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

ノミーン

Author:ノミーン
戦国IXA ワールド25+26で農民やってます

カレンダー

タグクラウド

ブログランキング

戦国IXA・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ 戦国IXA(イクサ)へ 人気ブログランキングへ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索ワードランキング他




あわせて読みたい

権利表記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の商標、または登録商標です。
Copyright © 2010, 2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

武将育成虎の巻

戦国IXA そーりん どごーん 轟音 無鹿 Yさん アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。